スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わわわ

おっと、いつもどおり更新してなかったぜ!!
ってことでしょーせつ。・・・これ何年かあとにみたら黒歴史だよね?↓↓


Chain6 天の羽衣

カツッ・・・カツッ・・・
どんどん近づいてくる音。
(そろそろかも・・。いい?せーので相手の顔面に叩き込むのよ!)
天子が持っているのは大きな石。これをもろ顔面に受けてしまえば、たとえ人間でなくとも大きなダメージとなるはずだ。

「・・・!」
相手が何かに気づく。・・・おそらくドアだ。閉ざされているはずのドアが地面に突っ伏しているのだから。
相手は走り出した。相手に焦りが感じられる。今なら不意打ちもうまくいくかもしれない・・!
この隙を天子は見逃さなかった。
『いくわよ・・、せーのっ!!』
「うりゃー!!」

「え・・・?きゃあ!!」
相手はいきなり現れた二人に、驚き転んだ。
見事に二人の攻撃は空振る。

「え・・・・・・ちょ!?」
「きゃっ!」
そのまま二人は勢い良く相手の上に倒れこむ。
ドシーン・・・という音が聞こえてきそうなほど綺麗に倒れこんだのだった・・・。


「いたっ・・・。」
「まあなんとかなったのかしら・・。」
二人は起き上がり、倒れている相手を見る。

「・・・えっ。」
天子の顔がどんどん青ざめていく。
倒れている相手は、あのとき会った天人?の人だった。
天子のことを総領娘様と呼んでいたっけか・・。

「・・・うぅ。」
「あ、あんた・・・なんでここに・・・。」


「・・・はあ。さんざんな目に遭いました・・・。」
ひどく落ち込んでため息までついてしまっている。まあ、無理もないのだが・・。
彼女の服も顔も汚れてしまった。綺麗好きな人だと思うから、申し訳ないことをしたかなぁ・・。

「ご、ごめんって・・。でも、あんたがなんでここに・・?」
「・・少しばかりの情けをもらったかもしれません。
 私が選ばれたのは、私が一番総領娘様と長く接しているからでしょうね・・。」

天人のお偉い人も情はあるのか。それとも、そのほうがおもしろいと思っているのか・・。
「さて、どうやって出てこれたのかわかりませんが、逃げるのでしたら私もお手伝い致しましょう。」
「あ、ありがとうございます!」
名前もわからない人だけど、いい人であることは確かだ。初めて会ったときも逃してくれたし。
・・・さいしゅうてきに捕まっちゃったんだけど。

「では、むかいましょう。幸い、ここは地中ですので、この中は監視も行き届いていません。
 ですが、外に出れば話は変わります。・・最初は普通に飛翔していただけですので、すぐに捕まってしまいましたが、
 今回は私も用意してきました。これです!」

じゃじゃーんとばかりに、どこかから彼女が羽織っているものと同じものを取り出してきた。
「羽衣じゃない!これならいけるわ!」
「これって・・・?」

「これがあれば地上へと簡単に降り立つことができます。これなら、たとえ見つかっても追いつかれない・・と思います。」
「随分曖昧ね。でも、ないよりは全然可能性があるわ!さあ、早速着ましょう!」
そして、二人は天の羽衣を羽織った。ちょっと二人には似合わないかもしれない・・・。

「これを着たのはいいけど、どうやって地上に行くのかしら・・。」
何も変化のないことに困惑の表情を隠せないアナイスに、優しく微笑みながら、丁寧に説明してくれた。
「念じるだけで行けますよ。・・・ここでもできるとおもいますよ?やってみてはどうですか?」
「えっ・・。」

念じるだけでってのはほうっておいて、ここで念じて、どうやって地上にいくのだろうと思った。
(今ここで念じたら、地面にめり込みながら無理やり下に向かうのかしら・・・。)
幻想郷の住人ではない彼女は、真面目にそんなことを考えてしまう。
そんなことがあるはずはない。・・・多分


「じゃあ、ここでやっちゃいましょう。わざわざ見つかってからやるのも面倒だしねっ!」
「えっ!?地面にめりこむんですか!?」
「「???」」


・・・こうしてアナイスと天子は、天界を後にする。アナイスの願った地上へと、ようやく帰ってこれるのだ。
成り行きとして、衣玖さんも着いてくるようだ・・。(後で名前を聞いた)
アナイスは期待を膨らませて、地上へと進んだ。

・・・・・・もちろん、地面にめりこむことはなかったとさ。

つづけー


当初考えていた内容を6,7割変えて進んでしまう私の小説。いったいどこまで突き進んでいくんだろうか。
まあ亀のように遅いペースでなんですけどね
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

めるぽっぽ (にゅるぽ?)

Author:めるぽっぽ (にゅるぽ?)
め        る                ぽ♡(>◡<)♡

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
ブログ翻訳
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
フランドールアナログ時計
ブログペット
さぽている
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。