スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だい4話

めるぽっ!(挨拶 幼稚園や小学生の時に興味のなかったウルトラマンや仮面ライダーに興味を持ち始めた私、めるぽっぽと申します。


第4話が完成したことをお知らせしまーす。受験近いですね。勉強しろと小説考えてるときに言われました。


当然だけど・・・。 ま、続きからで↓


注意!登場するキャラクターのスペルカードの強さの強弱や、使用した時系列の違うスペカを使用したりする描写があります。
あくまでも二次創作であるということをお忘れないようお願いいたします。



Stage1-A 時を止める少女

「近くで見ると、本当に大きい館だな・・・。」
渉達は、道中なにもなく、無事に紅魔館へとたどり着くことができた。

「あれ?美鈴さんがいないね・・。」
「美鈴さん?・・門番かな?これだけ大きな城なんだから、兵士がいるのはあたりまえだよな。」

確かに、門番がいない。これでは誰もが自由に城に出入りできることになる。
・・何かあったのだろうか。

「とりあえず、はいろーよ!」
「う、うん。そうだね・・。」

・・いいのだろうか。こんな簡単に侵入しちゃって。

紅魔館の門を開け、扉を開けると、大きなホールへと出た。
外装もそうだったが、中も全部赤い。
床には赤い大理石に赤い絨毯。壁は・・レンガかな?階段も扉も全てが真っ赤である。

「よーっし!たんけんするぞー!」
チルノは遊びにきたのか。紅魔館に・・・。見つかったら大変なんじゃないんだろうか・・。

「・・どちら様ですか?」
「「!」」
・・言ってるそばから見つかっちゃったよ。

「たんけんしにきたのよ!」
「・・探検ですか。ここを吸血鬼の住む館であると存じておりませんの?」
「・・吸血鬼・・?」
妖怪の次は吸血鬼か。吸血鬼なら知ってるぞ。人の血を吸って生きて、太陽の光と十字架とニンニクと銀が嫌いなやつだろ。たぶん。

「・・知らないようですね。今なら見逃してあげますから、すぐにここから立ち去りなさい。とくに、そこの人間。」
「・・そうだな。だが、一つだけ質問をさせてくれ。・・博麗の巫女って奴を知ってるか?」
「知らないわ。・・じゃ、帰ってもらうわ。」

収穫なし、か・・。
「えーい!うるさいなー! 霜符「フロストコラムス」!」
「チルノちゃん!?」

「え?・・あ・・?」
急にチルノの目の前に大量の氷がメイドめがけて飛んでいく。
「・・後悔してももう遅いですよ。妖精。」

「 メイド秘技「殺人ドール」。」
メイドが自分の周りに大量のナイフを撒く。  ・・・ナイフが浮いた!?

そしてナイフが飛んで行き、目の前の氷を次々と破壊していく。
「むー! 氷符「アイシクルフォール -easy- 」!」
「チルノちゃん・・!それは・・・。」

今度はチルノの横から小さい氷の塊を出現させ、ななめに全体を覆いつくす。
避けようがない、と思っていたのだが・・・。

「・・馬鹿にしているのですか?」
・・おれも気づいた。これ、正面がガラ空きじゃないのか・・!
いきなり氷やらナイフが飛び交う中混乱するも、チルノが危険だということは本能的に察することができた。

メイドが目の前に瞬間移動するようにいきなり現れ、ナイフを振りかざす。
「うわっ!?」
危ない・・!見ているだけじゃだめだ、助けないと!!
俺がチルノを助けようと動こうとしたとき・・

「危ない!チルノちゃん!」
俺よりも早く大ちゃんが近寄り、瞬間移動させた。
・・・瞬間移動!?だが、そんな非現実的な光景を見て驚いている暇はない。

チルノに振りかざしたナイフが当たらなかったため、メイドがバランスを崩す。
・・・今だ! 考えるよりもはやく、俺は駆けていた。
女を殴るのには抵抗があるが、妖精?を殺そうとした相手に容赦はいらない・・!

少女の顔面に向けて俺の拳が放たれた。

ヒャッハー!Stage1-bに続くぜー!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>少女の顔面に向けて俺の拳が放たれた。
sibou huragu...?

RENZOKU KOMENTO sui masen ><

メイド長!

ただの人間が昨夜さんに勝てたのでしょうかねぇ~。
その後の展開はどーしようかなと。

お前があまりにもしつこく小説書けと言ったから書いてやった
お前の評価で俺のやる気が変わるが元々やる気ないから続かない
しかももうネタ切れ
FC2カウンター
プロフィール

めるぽっぽ (にゅるぽ?)

Author:めるぽっぽ (にゅるぽ?)
め        る                ぽ♡(>◡<)♡

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
ブログ翻訳
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
フランドールアナログ時計
ブログペット
さぽている
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。