スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みょんみょみょみょんみょん!みょみょん!みょんみょん

みょん!!!俺的ステキな展開を思いついたので筆(指)が動きました。


↓↓

Side 妖々夢 A-2 妖夢が使いづらい(天則

橙と別れてから約数時間。さすがに体力も限界となり、休憩することになった。
前回の紅魔館の事件を終えて1日ほどしか経っていない。圭からすれば。
故に体力も完全に回復しておらず、少しの運動でもバテてしまうのだ。

(はぁー・・・、1日だけじゃ疲れなんてとれねーよ・・・。3,4日はほしいぜ。)

「あらあら、生身の人間が。もうバレちゃったのかしら?」
・・橙にも同じようなことを言われたが、バレた・・というのは?
もしや・・・

「・・・白玉楼の住人・・?」
しまった・・・。休憩場所を変えるべきだったか。

「・・・春を持ってきていないようね。思い込み過ぎたわ。
 さぁ、誰だかは知らないけど、白玉楼にいらっしゃい。」
作戦失敗・・・か?

仕方なくついていくことに。変に抵抗すると怪しまれるからだ。
こうして白玉楼へ入り込んだ。

連れてきてくれた人は、妨害対象である西行寺 幽々子本人であった。
どうも天然のようなふわふわとしているような性格っぽいが・・。
幽々子は俺に茶と茶菓子を用意して、普通に会話をすることに。
・・まあ、敵を知ることも大事だからな・・・

「・・・あらあら、外の世界の人間なの?初めて見たわ~!」
・・珍しいものをみた奥さんみたいだな・・・。いや、まさにそうなのか・・?
「・・そういや少し前から気になっていたんだが、白玉楼ってかなり大きい家だが、
 一人で暮らしてるみたいだな。ほかの人が見当たらないぞ?」

幽々子は不思議そうに首をかしげる。
「う~ん・・確かにこれだけ大きな家なのに私と妖夢だけだと広すぎるわねぇ。
 どうして二人しかいないのかしら~?」
・・・妖夢ってやつは知らないが、二人しか住んでいないのか・・。
それにわからないとは。前からこの家に住んでいるようだが、
なぜ二人しか住んでいないのかわからないという疑問って・・

普通ではおかしいんじゃないか?
いくら妖怪で長生きしていたとしても、同居人を忘れるなんてことはないし、
仮に初めから二人で暮らしていたとしても、二人しかいないことに疑問に思うことなどあるはずがない。

・・・ただ単にボケているのか、それとも・・・?
「まぁ、家が大きくて人が少ないっていいじゃない。こうやって急なお客さんがきても困らないでしょ?」
「・・・まぁ、そうだな。・・・なんか悪いな。」
「いいのよ。外来人って珍しいからね~。」

「幽々子様~。庭の手入れが終わりました~・・・って、誰か来ているんですか?」
「あら妖夢。丁度良かったわ。さっき茶菓子がなくなっちゃったから、買いに行ってほしいわ~。」
「はぁ、わかりました・・。あと、挨拶ぐらいさせてくださいよ。」

妖夢とかいう奴が俺の元へやってくる。完全に営業マンみたいに相手に不快感を与えない態度で。
「私はこの白玉楼の庭師兼・・雑用の魂魄 妖夢です。以後お見知りおきを。」
「神下圭だ。悪いが少し泊めさせてもらうことになった。少しの間だけどよろしく頼む。」

妖夢が初めて表情を崩す。これは呆れているな。
「幽々子様・・また勝手に。今度は何を考えているんですか?」
「いいじゃない。この子外来人らしいのよ。ちょっと気になっちゃって。」
「はぁ、外来人ですか・・。」

妖夢はしばらく俺たちと会話をしていたが、頼まれた物を買いにいなくなってしまった。

とにかく、紅魔館と同じく、白玉楼に泊めてもらうことになり、寝る場所には困らなくなった。
(・・内部協力者っていっても、妖夢は絶対に協力してはくれないだろうな・・。
 幽々子が死ぬような大きな問題とかがあったら協力してくれるかもしれないが・・。
 そんな都合のいいことなんてないしな。あぁ、今日は寝るか・・・。)

紅魔館とは違い、畳に布団を敷いて寝るこの白玉楼は、ベットに慣れてしまった圭にとってあまり寝付けなかった。


よーよーむ 2 へ




俺的キャラの性格!

ゆゆこ:おっとり。ふわふわしてそう。天然。普段はどんな人でも気兼ねなく、やさしい人。
    怒ると言動も表情も変わらないけどそっちのほうがコワーイみたいなね。

ようむ:公式設定みたいだけど、まじめちゃん。雇い主のゆゆこに敬語をつかったりつかわなかったり?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

めるぽっぽ (にゅるぽ?)

Author:めるぽっぽ (にゅるぽ?)
め        る                ぽ♡(>◡<)♡

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
ブログ翻訳
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
フランドールアナログ時計
ブログペット
さぽている
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。